【海上保安庁】第二管区海上保安本部 巡視船ざおう搭載ヘリコプターと仙台航空基地機動救難士が漁船から急病人等を吊上げ救助

平成30年6月20日、宮城県東南東約850kmの海上で18名乗組みの日本漁船が浸水する海難が発生、第二管区海上保安本部に対策本部を設置し、直ちに巡視船ざおう・航空機を救助に向かわせたところ、付近にいた仲間の漁船が乗組員を救助しました。
その後、病人1名、けが人2名がいるとの通報があったため、巡視船ざおう搭載ヘリコプター(うみねこ・・・愛称)及び仙台航空基地機動救難士により、けが人2名、病人1名の順に吊上げ救助して医療機関に無事搬送しました。
なお、搬送された方々の命に別状はありませんでした。
本動画は、吊上げ救助時の状況です。

救助

Posted by admin